森のギフトは買取率はもちろんですが、振込スピードも早く接客対応も良いことから、とても利用する価値の高い運営会社となっています。ただ、アマゾンギフトカードを買取してもらう上では、いくつか注意しなければいけない点もあるので、しっかりと覚えておくようにしましょう。

■いきなりの高額買取は控える

森のギフトでは1回の申し込みで最大300万円まで買取が可能となっています。ただ、よっぽどの事情がない限り、いきなり高額な買取は控えるようにしましょう。なぜなら、アマゾンギフトカードをクレジットカードで購入する際に、金額が大きいとカード会社に警戒されてしまうかもしれないのです。

商品券と違ってアマゾンギフトカードの場合は、クレジットカードで購入してもカード停止のリスクはそこまで伴いません。そもそも、Eメールタイプのギフトカードは、クレジットカードでしか購入することができないので、純粋にアマゾンを利用する目的であってもカード払いとなるのです。

ただ、それでもいきなり何十万円も購入してしまうと、さすがにカード会社にも怪しまれてしまいます。現金化目的で利用していると判断されれば、カードが利用停止になってしまう可能性がありますから、最初は少額買取をするのが望ましいです。

■決済はいくつかに分けるようにする

また、アマゾンギフトカードを購入する際の決済ですが、こちらもいつくか分けるのが望ましいです。例えば、20万円分のギフトカードを購入する場合、最初から20万円で決済するのではなく、5万円を4回に分けて決済したりするのがいいわけです。

なぜなら、10万円を超える決済は最初は認証されないケースが多いのです。なので、少し面倒に感じるかもしれませんが、少額決済に分けることによって、確実に購入できるようになるのです。

■有効期限に注意する

アマゾンギフトカードには有効期限が存在します。Eメールタイプの場合は1年間となっているので、当然ですがそれを過ぎると買取してもらうことができなくなってしまいます。もっとも、現金化を希望するような人であれば、発行されればすぐに買取を申し込むでしょうから、その点は心配しなくていいかもしれません。

ただ、例えばプレゼントやギフトとしてもらったものの、使い道がないことから現金化するという人は、有効期限には十分に注意しなければなりません。また、人によってはそこまで急いでいない可能性もありますが、忘れないうちに早めに申し込むのが無難です。

■登録してしまうと買い取ってもらうことができない

アマゾンギフトカードは一度登録してしまうと、その時点で本人にしか利用することができないため、買い取ってもらうことができなくなります。したがって、もし森のギフトで現金化するつもりなのであれば、間違って登録しないようくれぐれも注意しましょう。中には、「買い取ってもらうには登録しないといけない」と勘違いする人も少なからずいたりするので、十分に気をつけてください。

■振込可能時間について

森のギフトでアマゾンギフトカードの買取を申し込んだ場合、早ければ30分から1時間程度、遅くても数時間ほどで振り込んでもらうことができます。ただし、平日の15時以降や土日祝日の場合は、指定された銀行でなければ当日振込ができません。

ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行が当日振込の対象となっています。したがって、それ以外の銀行の場合は所定時間帯以外は、翌日振込や休日明けになるので覚えておくようにしましょう。

■あくまでもアマゾンギフトカード専門

物凄く当たり前のことではありますが、森のギフトはあくまでもアマゾンギフトカード専門の買取業者となっています。したがって、それ以外の商品券やギフトカードを買い取ってもらうことはできませんし、またクレジットカード現金化のサービスを行っているわけではありません。

初めて利用するような人は、そのあたりを混同してしまうことも多く、それぞれ区別するようにしましょう。そのため、まずやるべきことはアマゾンギフトカードの購入をして、その上で買取の申し込みを行うことになります。

■最低限の下調べを事前に行っておく

アマゾンギフトカードでの買取は、何も難しい部分はありませんし、森のギフトを利用する場合も複雑な手続きは一切要しません。ただ、それでも初めての人は最低限の下調べを行っておくべきでしょうし、基本的な買取方法について知っておくのが望ましいです。万が一間違ってしまい損をしないためにも、事前の準備は怠らないようにしましょう。

関連記事