バイナリーオプションの取引の方法のレンジ型とワンタッチ型を紹介しますが、まずはレンジ型からです。レンジ型というのは判定の時間にプライスが設定した幅、つまりこれがレンジになりますが、それに収まるのかどうかを予想します。プライスが判定の時間にレンジの中にあると思ったらインと表現して、レンジの外にあると思ったのであればアウトと表現して、それを選ぶバイナリーオプションのスタイルになります。このバイナリーオプションの投資方法においては、欧州の人が取引をしてくる日本時間の夕方、そしてニューヨークのオプションカットやロンドンのフィキシングの相場の変動が大きくなる時間や経済指標が発表されるような時間を狙ってアウトを出していくのが成功につながるかもしれません。
昼間の落ち着いた相場のタイミングでレンジ、インを提供しているところを探してもなかなか見つかりませんので、まずはバイナリーオプションをいつのタイミングで行うのか、それを考えて取引をするといいでしょう。そしてもう一つのバイナリーオプションの取引方法のワンタッチ型ですが、相場の変動を予想するということについてはハイローがたとほとんど一緒なのですが、ワンタッチ型は判定の時間の間に設定された数値に一度でも到達をすることができるのかという点を予想する方法でもあります。
バイナリーオプションで取引時間の12時までにあるラインに到達をしたら100パーセントになるので、バイナリーオプションでの投資額が2倍に増えるといった形です。普段は当たる可能性が低いですからその分支払われる確率も高いのが特徴のバイナリーオプションの取引です。相場の変動がない昼間に見れば、届かないと諦めてしまいがちですが、夕方や市場が開くとき、経済指標が発表する時間帯など、変動が大きく分かっている時間帯を狙えば、バイナリーオプションでかなり大きく稼げるのも特徴です。

関連記事