バイナリーオプションという言葉を皆さんご存知でしょうか?
聞いたことない人もいらっしゃると思いますが、知っている人もいると思います。
日本国内でもだんだんポピュラーになってきているというバイナリーオプションというものですが、こちらは、またの名を外貨オプションことバイナリーオプションともいいます。
こちらのバイナリーオプションというものは一体何なのでしょうか。
そして、これは、FXとの違いは何なのでしょうか、そして、儲かるのか、なぜ簡単なのか、どういったものなのかといったことをバイナリーオプションの仕組みを簡単に説明します。
バイナリーオプションとは要するに、簡単に言うと為替のレートなどが決められた時間のなかで上がるか下がるか、といったことを当てるといったものになります。
バイナリーオプション初心者の方には最初は難しいかもしれません。
しかし、例えば、今現在1ドル102.00円だったとしたとすれば、Highの方に掛けた場合、5分後に102.10などに少しでも上がっていれば勝ち、しかし、101.99と少しでも下がっていたりすれば負けとなります。
こちら、掛けるといっても通常のギャンブルとは少し違います。
ギャンブルと違って、実際の為替のレートを使用することによって、いわゆるレート操作というものが困難となっているんですね。
ですので、バイナリーオプションというものは、価指数だったり、さらには為替レートなどが、設定基準よりも高くなるのか、それとも安くなるかを予想するという二者択一の商品なんです。
ですので、設定された価格を少しでも上回った場合は一定の額が戻ってきますが、反対に下がってしまうと没収となってしまいます。
こういった仕組みとなっているんですね。

関連記事