バイナリーオプションがいま話題となっていますね。
ところで、こういったバイナリーオプションなどの投資で稼いだ場合、税金などはどうなるの?という疑問がある方は多いのではないでしょうか。
こちら、バイナリーオプションで稼いだ場合、結論から言うと税金はかかってきます。
しかし、そちらも色々とややこしいので、把握しておく必要があります。
まずバイナリーオプションで20万円以上利益を出した場合、こういった場合は納税する必要性が出てきます。
またこういった税金はバイナリーオプション国内業者の場合と、また海外業者の場合で分類が異なってくるのでそちらもきちんと把握しておかなければいけないのと、金額に気をつけなければなりません。まず、バイナリーオプション国内業者の場合は「申告分離課税」となり、一律で20.315%という税金が発生してくるんです。
この内訳なんですが、まず所得税15%、住民税5%、そして復興特別所得税0.315%になります。
また、こちらは、損失を最大3年間繰り越すことができるんです。
たとえば、1年目マイナス100万円で、その次の2年目がプラス300万円だった場合、2年目は300万円から1年目の100万円を引いた200万円という金額に税金がかかることになるんです。
これはバイナリーオプション初心者にとってはとても嬉しいことですよね。
バイナリーオプションに限らず投資は最初からうまく儲けを出すことは難しいことですし、こういった繰越を活用することによって、翌年の税金を軽減することができます。
続いてバイナリーオプション業者の場合は「総合課税」の雑所得扱いという扱いになります。。
こちらの雑所得というのは金額によって変わってくるので、注意が必要です。
こういった税金がかかることを忘れないようにしてくださいね。

関連記事