今、話題になりつつあるインターネット取引ができるバイナリーオプションの中でも主となっているハイ&ローの取引は、より簡単に確実に勝つことができるように研究されて来ています。
いろんな対策があるのですが、特にハイ&ローは単純かつ短時間の取引をするというところからバイナリーオプションのパターンというものがだんだんと形になって来ていますね。
まず、狙い目の一つにハイ&ローの取引をするときにローソク足でチャートを見ると陽線の後に前の足の高値を上回って取引が始まって、そのまま上昇していた時に急に動き出しがあって、そこから反転して前の足の安値を下回って終了するというパターンがあります。
こちらは、ハイ&ローの取引をする上でもかなり狙いやすいバイナリーオプションのポイントでこういった始まりがある場合、というのはローソク足でみたときに足の高値がそのまま当面の間の天井になる確立が高いんですね。
つまり、どういうことかというとハイ&ローの取引というところで見たときにローがあたる確立がとても高いということですね。
チャートの見方におけるローソク足、というのは謂わば一定間隔の中での値段の上がり下がりや、最高値最安値を見る事で価格の変動がどの程度の幅で、期間で動いていくのかという事を予測するものなんですね。
特に、この最高値と最安値というのはかなり信用できる情報ですのでハイ&ローのような上がり下がりだけを当てるような取引には事役に立つ情報となっているかと思います。
ハイ&ローは、差額を利用して儲けるのではなく値段の上下を当てるだけですからね。
普通は前提の情報にするだけのローソク足で見る情報もハイ&ローの取引に限って言えば実はピンポイントで予想を立てるのにも役立つわけです。

関連記事