バイナリーオプションには色んな種類の取引があるのですね。
取り扱っているバイナリーオプションによって、できる取引方法も変わりますが、この取引の方法も一つに絞るのではなく使い分けることによって上手に利益を生むことができるのがハイ&ローの売りだと言っていいと思います。
どういうことかというと、普通のハイ&ローのペイアウト率というのはおよそ1.7倍くらいが相場になっているのですがこれはあまり変動が大きくない時なんかにコツコツと稼ぐ謂わば通常型のハイ&ローだと思っておくといいでしょう。
そして、もう一つがスプレッドタイプのハイ&ローと言う物でこちらはレンジ外という業者側が勝ってしまう範囲があるので、普通のハイ&ローよりもやや勝ちにくいのですが、ペイアウト率が高いというような物があります。
此方は、通常時にやるとレンジ外というネックがかなり面倒なことになってくるのですが、例えば為替変動が激しい時なんかにはレンジ外に留まる事は殆どないので、スプレッドタイプのハイ&ローの高いペイアウト率を狙った予測がしやすくなり、レンジ外というネックがあって無くなるような物という扱いになるんですね。
どちらも一長一短ではあるのですが、だからこそこの2種類の取引方法を状況に応じて使い分けることで、よりハイ&ローの取引で勝ちやすくなるということなのです。
変動幅が少ない時は通常にハイ&ローで取引をしつつ、変動が激しくなって来たらスプレッドタイプのハイ&ローで短期間でチャンスを狙う、というようなやり方をすることによってより効率的に利益を生み出すことができるわけです。
ハイ&ローは複数購入するのがセオリーですが、取引方法を変えるのもありです。

関連記事