ハイ&ローの取引を行う時、クレジット現金化方法やペイアウト率という物を見るのは当然基本になるんですね。
しかし、ここに加えてハイ&ローの取引をする場合は取引時間という物を考えなくてはいけません。
単純なバイナリーオプションは、10分の取引時間や60秒の取引時間というようなものがありかなり短く設定しているんですよね。更に、そこにバイナリーオプションにはオンデマンドという取引もあって此方は取引時間が3分とかなり短くなっているのです。
60秒取引に比べると、ハイ&ローの取引の中でもオンデマンドはちょっと長く見えるかもしれませんが、今のハイ&ローの取引というのは10分が主流になってきているんですよね。
それに対して、オンデマンドというのは3分間の取引となっているのでハイ&ローの取引の中でも比較的短めの取引時間と言っていいでしょう。
この、オンデマンドという取引は取引時間が違うだけで基本的なルールなどは普通のハイ&ローと同じなのでとっつきやすくはあるかと思います。
さて、オンデマンドのハイ&ローというのは3分という短い時間の中での取引をするわけですが、短時間のハイ&ローの取引と言うのはどんな違いがあるのかというと、まず第一に短時間なので変動の幅がそれほど大きくなることがないので予想しやすいというのがメリットですね。
バイナリーオプションというか、相場というのは対象の時間が長ければ長い程やはりある程度予測というのも難しくなって来る物ですからね。
短時間でのハイ&ローならば予測などもそれほど複雑になるわけではありませんので比較的、あまり高度な知識がなくてもある程度感覚的に予測をすることがしやすくなるので、勝ちやすくなるというメリットがあるわけですね。

関連記事