基本的に、ハイ&ローをやるというところでバイナリーオプションを選ぶうえで見たいのはやはりペイアウト率の高さだと思います。
勝った時に払い戻しされる額が大きくなる、というのは同じ条件であるのならばハイ&ローにおいて、優先したいところでしょう。
しかし、ハイ&ローを行う上で何もかも同じ条件でペイアウト率が違うということはまずありません。
ハイ&ローを行う上で、ペイアウト率は少し低いけどチャートなどの機能が完ぺきで使いやすい、ということもあります。
逆に、ハイ&ローのペイアウト率は高いけど出金手数料が高かったり取引時間の幅が狭いということもあります。
つまり、ハイ&ローを行う上で、ペイアウト率というのは注目すべき一つの要因ではあるのですが絶対の基準ではない、ということなんですね。
あくまで、ペイアウト率が選ぶためのポイントが同じ場合は高いところを選んだほうがいいというだけであって必ずしもペイアウト率が高い場所=いいバイナリーオプションというわけではないということです。
実際、ペイアウト率が飛びぬけて高いわけではないけど使用感やサポート、機能面などで優れているようなバイナリーオプションも結構ありますからね。
ペイアウト率は幾ら高くても、ハイ&ローで勝つことができなければ何の意味もありませんからね。
そして、利益を生み出すことができても出金のたびに高い手数料を取られていてはせっかくの利益もそこで使うことになってしまいますからね。
ハイ&ローを行う上で、バイナリーオプションを選ぶのであればやはりそういった総合的な情報を見ながら多角的な視点を持つことでより効率よく儲けることができるのです。

関連記事