バイナリーオプションにおいて、利益をしっかりと安定させるのに何より必要なのが幸運などではなく、リスクマネジメントです。
リスクマネジメント、というのはいわばリスク管理のことです。
つまり、バイナリーオプションにおいて言うならばいかに負けなくするのではなくいかに損を最小限に抑えるかということです。
一見、この二つは同じように見えるかもしれませんがバイナリーオプションにおいては実は同じことではないのです。
いかに負けないか、ということはいかに損失を抑えるかということにつながらないのは、負けを恐れるあまり1方向に複数賭けしたり、あるいは1点賭けしたりすることは実はバイナリーオプションだとリスキーなのです。
というのも、バイナリーオプションというのは購入時点から判定時刻に上がるか下がるか、ということを当てる物なんです。
つまりは、購入タイミングによってはハイとローの結果がズレることもあるんですね。
どういうことかというと、バイナリーオプションの複合購入はたとえば差額17円の時にハイを買って、19円の時にハイを買ったとします。
そして、最終的な変動が18円に留まった場合は17円で買ったハイは勝ちになりますが、19円の時に買ったローは負けになるということです。
つまり、微妙な変動によっては合間を抜けることもあるので一辺倒買いというのは危険なのです。
バイナリーオプションは短時間の取引が売りですのでこう言った合間を抜けるような変動も大いにあり得ます。
ですので、それを見越して変動を見ながら時に反対方向を購入することで予測できない部分での間に入ったところをカバーするなどの負け覚悟の保険という物もバイナリーオプションには必要だということなんですね。

関連記事