バイナリーオプションの登録業者についてですが、バイナリーオプションモフ埋めて証券業務はそれぞれの国の政府の金融機関によって決まりがあり、その決まりに沿って運営されているのです。日本の場合は金融庁の管轄になります。世界もそれぞれに管理している部署が違っていますが、世界の中でも規制の厳しさがそれぞれの国で違っています。キプロス金融監督機関と、アメリカ金融監督機関、そして日本の金融庁は取締が強くて厳しいことで知られているのですが、キプロス金融庁はトルコにあります。イギリス連邦の加盟国で国の収入の大半は観光と金融です。それもあってか、金融規制はかなり厳しいですし、バイナリーオプションだけでなく他の投資家の信用獲得にはとても積極的です。バイナリーオプションなど投資に対してほかの国にはない規制もたくさんあります。キプロスの登録次魚者が倒産した場合には国が保証しますし、無登録業者の口座凍結も規制野1つです。
アメリカもバイナリーオプションの規制はとても厳しく、売上が小さな国のGDP以上だったとされるリーマン・ブラザーズまで倒産に追い込むレベルになっています。資金の流れはアメリカ国内の流れだけでなく世界的な動きも常に見ているかもしれません。
そして日本ですが、日本の金融庁もかなり厳しい監視をしています。バイナリーオプションに関してもそうですが、非課税部分がある投資信託のNISAに対しても対応はスピーディーです。証券会社の自己資本率をチェックしたり、資金分別管理のチェックも厳しいのが特徴です。ですからバイナリーオプションの業者を選ぶなら、キプロス、アメリカ、日本の3つの金融庁に登録をされていること、それが重要ということになります。これをクリアしていれば安心してバイナリーオプションの取引ができるでしょう。

関連記事