バイナリーオプションの現状についてですが、国内では規制が固まっていないということから運営を見合わせてるところもあるのですが、それでも少しずつ規制内容が決まりつつあります。それが今のバイナリーオプションの現状かもしれません。その新しい規制の中において個人の投資家が関係してくるのは取引限度額を低くすることかもしれません。また短時間の決済をやめて長い時間にすることや売り切りの廃止、投資家がどれくらい儲けたのかバイヤーがどれくらい儲かっているのかという情報をバイナリーオプションは公開していくということも出てくるでしょう。
情報開示やリスクが下がること、リターンが下がることなどが現在のバイナリーオプションの現状といってもいいかもしれません。利回り自体は変わりませんが投資金額は下がる予想です。バイナリーオプションの規制の内容をしっかりと考えた上でこれからの国内のバイナリーオプションのバイヤーは攻略法を考える必要があります。現在一番勝率が高いと言われている証券会社はGMOクリック証券ですが、こちらでトレードを開始するの外とされています。
そして資金が10万円以下の場合はここだけで取引をしてもいいのですが、もしバイナリーオプションでもう少し資金を持っていて利益を出したいのなら海外バイヤーの併用がいいかもしれません。どちらも上手に使っていくことがバイナリーオプションの現状といってもいいでしょう。資金が10万円以下ならGMOクリック証券で運営して、ある程度利益ガを手にしたいと思っているなら海外も使ってみる、この併用がこれからのバイナリーオプションでの長い目で見た取引方法といってもいいかもしれません。海外バイナリーを攻略する方法も検討する必要が出てきました。

関連記事