最近は、バイナリーオプションが話題となっていますが、そのバイナリーオプションでの戦略などをご紹介します。
それは、ボリンジャーというもので、バイナリーオプションなどのトレンドの転換点を読むことです。
バイナリーオプションをするにあたって、戦略の一つとなります。
しかしボリンジャーバンドってなに?という方はいるかと思います。
こちらのボリンジャーバンドとは、移動平均線とその標準偏差を利用するという、オシレーター系であるテクニカル指標なんです。
こちらは、トレンドの転換点を読むというテクニカルとしては代表的なものなので、標準以上の機能を備えているチャートツールであれば大抵の場合は搭載されています。
詳しい計算方法は少しバイナリーオプション初心者には難しいのですが、計算方法についてなどは覚えなくても簡単に使うことができますのでここでの説明などは省いておきますね。
さらに、バイナリーオプションを行う場合、こちらの基本的な使い方ですが、こちらまずは移動平均線、そしてその上下の補助線の幅と、さらに現在のレートとの離れ方を見ることによって、相場の転換を予想します。
ボリンジャーで逆張りというバイナリーオプション戦術があります。
まず、ボリンジャーバンドの特徴として、レンジ相場中などはバンドの幅が狭くなっていくという特徴があります。そこで、狭くなった状態の場合は、これから相場が動き出す、といった前触れの状態であるので、そろそろ変動するかもと考えていいということになります。
さらに次には中心の移動平均線のあたりから補助線(1σ、2σ、3σ)などに現在の値などがタッチした場合ですが、この相場がレンジ状態の場合に、この補助線にタッチしたときにはかなりの高確率で反転するタイミングとなるんです。2本目の補助線2σにタッチしている場合、90%以上の精度があることも。
こちらバイナリーオプション戦略として使えそうですね。

関連記事