バイナリーオプションでは規制があります。これは日本国内の業界自主規制となっているのですが、例えばギャンブル性が強い点やゲーム性が強い点も問題視されているのです。確かにとても簡単な投資方法であるバイナリーオプションではありますが、ギャンブル性が強いとは言ってもほかの投資と同じくらいではないでしょうか。1分という短時間で決済するということは、少し投機性が強すぎるのではないかと言われてますし、ハイロウの二択で選ぶというのはゲーム性としての特色が強すぎるのではないかと言われています。バイナリーオプションでは決済の時間が短ければ短いほどにポジションを持っている回数は増えていきますからそれによって勝つ人はたくさん勝ちますし負ける人はたくさん負けるという仕組みになっています。
そしてハイとロウに関してはこれがバイナリーオプションという投資のスタイルので仕方がありませんが、これからは取引における選択肢が少し増えるかもしれません。自主規制は国内のバイナリーオプションを取り扱っている証券会社の政治的な思惑などもあるかもしれませんが、一人勝ちをしている証券会社があることで、それがきかっけで自主規制が始まっているのかもしれません。資金規模が膨らんだ人は海外のバイヤーを使ったほうがいいかもしれません。
海外バイヤーといえば日本人スタッフもいて日本語でバイナリーオプションサイトの運営はされていますので、特に問題はないでしょう。そして海外の法律の基準にて運営されているので日本の自主規制は関係がありません。しかしながらイギリスは日本より前にすでにバイナリーオプションの規制が入っているのでこれは注意したほうがいいでしょう。日本の法律は関係ないですが、バイナリーオプションの会社が倒産した際に保証がないことがリスクとして考えられるのでその点は注意しましょう。

関連記事