バイナリーオプションに限らず、FXや株式投資など、全ての金融商品取引には冷静な分析が必要です。株もFXも、結局はギャンブルじゃないかという向きはあります。一面では事実ですが、FXと違い、ギャンブルは一時的な偶然が支配している運の世界です。
しかし、FXのような金融商品取引には、必然的要素が複雑に絡み合っています。それを一つ一つひも解いて判断していくことが、必勝のコツです。カンに頼った結果、大半のFXトレーダーがトータルではマイナス収支になっているようです。熱くならないことが金融取引の大前提です。
ではその要素とは何なのでしょうか。大きくは二つ、ファンダメンタル分析とテクニカル分析です。これらはFXをはじめ、金融取引全てに関わりますが、特にバイナリーオプションでは、FXよりも扱う商品が多く、そのために発生しやすいトレンド把握に必須なのです。
ファンダメンタルとは、国内総生産、小売売上高、雇用失業率、金利の決定、市場に影響力を持つ人物のスピーチ、消費者物価指数のことです。
テクニカル分析は、勝率をあげる読みです。市場価格がアップトレンドの場合、ハイポジションを、ダウントレンドの場合、ローポジションを取ります。価格が上がり目なら高く、下がり目なら低く予想を立てます。
値動きの少ないレンジ相場の場合、ポジションを取らず、他の市場で勝負しながら様子をうかがいます。その際に有利なポジションをとるために、ファンダメンタルズが必要になります。
有力者の発言によって、トレンドが発生するということは往々にしてあります。FXを含めた金融取引は、単なるバクチとは一線を画する側面があるのです。自分の脳で、戦略的にお金を稼ぐ。それがバイナリーオプションです。

関連記事