今、バイナリーオプションという投資が人気です。
このバイナリーオプションは、シンプルな仕組みですので、海外ではもともと人気でしたが、最近は日本でも人気がぐんぐん上昇していたバイナリーオプションですが、こちら過度に投機的にならないようにといった趣旨により、2013年夏国内ではバイナリーオプション業界の自主規制及び公的規制というものが制定されました。
これらにしたがって、2013年秋に、主要なバイナリーオプションの取扱い会社は、新規制への対応を完了しています。
ところで、このバイナリーオプションの新規制というものはいったいどんなものなんでしょうか?
バイナリーオプションの気になる新規制のポイントはざっと以下の通りになります。
(1)取引時間は2時間以上。ただし、取引は判定時刻の2分前などの直前までOKとする。
(2)原則として、権利行使価格(目標レート)は、取引開始時点で決定。これは複数設定されているのが通例となっている。
(3)ペイアウト額(払戻し額)は一定の額に固定とする。バイナリーオプションの価格を変動させるようにする。
(4)ポジションの解消(転売)などができるようにする。
(5)バイナリーオプションの取扱い会社の総取りなど(レンジ外)は禁止とする。
などに新規制となりました。
以前は国内での取り引きでも、「今のレートより、10分後のレートが上か下かを予想すればいい」といった単純明快でシンプルなバイナリーオプションが取扱い可能でしたが、こういった新規制により、このようなシンプルさは失われました。
しかし、その分、取り引き画面が分かりやすくなる業者がふえたりさらには、多彩な取り引きができるようになり、レンジオプションなど新しいバイナリーオプションも出てきています。

関連記事