外国為替と聞いて、何のことか、クレジットカード現金化仕組みをしっかりと説明できる人は少ないと思います。テレビのニュース番組などで聞くことの多い「為替」とは、外国為替のことを指していることがほとんどで、外国為替とは、外国の通貨と、日本の通貨を交換することです。もちろん、日本の通貨でなくても、違う国の通貨を交換することはみんな外国為替といいます。為替とは本来、直接現金の送金をせずに、小切手などで、通貨の交換をすることを指しますが、外国為替の場合は、場合によっては、交換した効果をそのまま送金することもあるので、少し、為替とは違ってきていますね。
外国為替の一番身近な例は、海外旅行に行くときに、現地の通貨を日本で準備しておくために、銀行などで、現地の通貨に両替しますよね。これも、外国為替なのです。難しい響きで、自分とは関係ないと思う人も多いかもしれませんが、案外、外国為替を利用している人は多いのです。
例えば、日本が海外に輸出して販売しているものの代表的な例は、自動車ですが、自動車が、輸出した国で売れた場合、売り上げは、日本円に両替されて、送金されることになりますし、逆に、日本が石油などを海外から輸出する場合は、日本円を米ドルに両替して支払いを行います。これらの通貨の交換、両替のことをすべて外国為替というのです。
内容を詳しく知ると、外国為替って意外と簡単でなじみ深い物だと思いませんか?これを機に、外国為替に興味を持ってみるのもいいかもしれませんね。外国為替は、最近、FXなどの流行もあり、うまく使えばちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。副業として、外国為替を学ぶという人も増えてきました。まずは、知ることから始めてみませんか?

関連記事