株式や外国為替といった投資で得た利益には税金がかかってきます。これはバイナリーオプションでも例外ではありません。バイナリーオプションで得た利益と、その他の所得の合計が年20万円以下の場合には税金がかかりません。しかし本業で安定した収入がある方は確定申告をする義務があります。少々面倒に感じるかもしれませんが、ここでバイナリーオプションにかかる税金の計算方法を学び、いざ確定申告をするとなったときに困らないようにしましょう。
国内金融商品と外国為替で得た利益では、課税方式が少々異なりますから注意しなければいけません。しかし外国為替取引だからといって難しい手続きがあるわけではないので、安心してくださいね。
外国為替取引を行っていても証券会社が国内の場合には、申告分離課税で計算されます。これだとバイナリーオプションなどの外国為替や株式での取引で得た利益と、給与などのその他の所得を別にして計算することになります。
外国為替取引を行う証券会社は海外の証券会社も人気ですから、その場合は国内の証券会社とは違い総合課税で計算されます。これは外国為替で得た利益と給与などのその他の収入をすべて合計した金額から、課税分を計算する方法です。
計算方法が変わるため国内業者と海外業者では若干かかる税金が変わります。外国為替取引だけで年数百万円の収入がある方でしたら、国内業者の方が税金が低くなるようです。しかしなかなかそのような高収入をコンスタントに得るのは難しいですから、国内業者も海外業者でもかかる税金にはあまり差がないでしょう。証券会社を選ぶ際は、自分自身が使いやすく安心できる会社を選べば大丈夫でしょう。
バイナリーオプションはNISA取引対象外ですので、しっかりと税金は納めましょうね。

関連記事