ハイ&ローは、銘柄や取引の形態などによってプラス資金になるペイアウト率という物があります。
基本的に、それほど変動のある物ではないのですが中には少し特殊なハイ&ローの取引という物もあります。
例えば、スプレッドタイプのハイ&ローという物もあるのです。
これは、ペイアウト率が非常に高くバイナリーオプションサイトによっては2倍で固定されている物もあるんですね。
なぜ、このスプレッドタイプのハイ&ローはペイアウト率が高いのかというとこれにはハイとローだけでなくレンジ外という物もあるのです。
スプレッドタイプのバイナリーオプションというのは、購入した時からある程度の変動がない、つまり変動の幅が少ない一定の範囲はレンジ外というようにしていしてあるのですね。
この、レンジ外で判定時刻になってしまうとどうなるのかというと何と賭け金が業者に取られてしまうのです。
つまり、自分の勝ち負けではなく業者の勝ちになってしまうということですね。
ハイ&ローと違い、たとえ購入していた時より高くなっていてハイを購入していても、レンジ外の範囲内に留まってしまっていると勝ったことにならないということなんですね。
こういったレンジ外という物があるからペイアウト率も高めに設定されているということなのです。
つまりは、変動が少ない時は当たっていても勝てないときがあるというリスクがある分、普通のハイ&ローよりも勝った時の返金が大きいというわけなのですね。
リスキーではありますが、為替の変動が大きい時なんかは寧ろ2倍のペイアウト率が当たる可能性も高くなりますので、このスプレッドタイプのバイナリーオプションに賭けるという価値も十分にあるのではないでしょうか、使い分けが大事なのですね。

関連記事