現金化サービス利用においては、本当に必要な額だけ申し込むようにしましょう。そうすれば、カード会社から不審に思われることはないので、カード停止になるようなこともありません。

また、複数存在する悪徳業者の特徴を知ることで、だまされて不当な額の手数料を差し引かれ損をすることのないようにしましょう。優良クレジットカード現金化店舗をしっかりと見極めて利用すれば、気持ちよくお金を手にすることができます。

現金化は違法ではないがサービスは計画的に利用しよう

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約には抵触する行為です。しかしクレジットカード会社は、転売目的でのカードの使用を禁止しているだけですので、実際に購入した商品が手元に残るネット現金化での「キャッシュバック方式」は違反にはなりません。

もしその他の手段で現金化を行い、カード会社に知られた場合、クレジットカードが使用停止になる可能性もゼロではありません。信用がなくなり、新しいカードを作れなくなる可能性も出てきます。それを防ぐためには、本当に必要な金額だけを、計画的に使うことが大切です。

現金化目的で大きな金額の商品を突然大量に購入するなど、カード会社から不審に思われるような使い方をしなければバレることはほとんどないでしょう。不審に思われるような使い方をし、疑われた場合はカード会社から連絡が来たり、使用停止になったりする場合もあります。

サービス利用では手数料がかかるため申し込み金額から数十パーセント程度差し引かれる

 
クレジットカード現金化においては規定の手数料がかかるため、実際に口座に振り込まれるのは申し込み金額から数十パーセントを差し引かれた額になります。差し引かれる手数料には、決済手数料(カードの種類によって異なる)、商品配送料、消費税、振込手数料などが含まれます。

会社のホームページ上では通常、利用額に対する換金率が提示されていますが、店舗によって、その換金率に手数料が全て含まれている場合と、そうでない場合があることに注意しておきましょう。そのどちらなのかは、実際に問い合わせてみる必要があります。

公表している換金率から大幅な手数料を差し引く業者に注意

悪質な業者では、公表している換金率や最初に提示した換金率から、さらに別途手数料を大幅に差し引くという手口がよく行われています。別途手数料を差し引かれた後の換金率が80%を切るような会社は、優良とは言えませんので注意が必要です。

利用時は必ず事前に問い合わせ、手数料について確認することが大切です。金額に納得した上で利用するようにしましょう。また、悪質な業者なのかどうか、問い合わせをした時点では見分けられないという場合は、手数料の内容について質問するなど、詳細な部分について尋ねてみましょう。

きちんと誠意を持って返答してくれるようであれば、その会社を選んでも問題はないと言えます。

HPの作りや住所の記載、ネット口コミ評価などで悪徳業者を見分けよう

現金化会社の中には、悪質な業者も複数存在しています。そんな会社に引っかからないようにするための、一般的な悪徳現金化業者の主な見分け方として、

〇ホームページの作りが汚く質素でないかどうか
〇ホームページに住所の記載があるか(その住所に会社が実在しているかどうか)
〇オリジナルのドメインを使っているか(フリーアドレスでないかどうか)
〇ネット上でユーザーからの良い口コミ評価を得ているか
〇誇大宣伝や誇大表現をしていないか(低すぎたり、高すぎたりする換金率には注意)
などが挙げられます。

これらを一通りチェックしてみることをおすすめします。悪質な業者である場合はいずれかが該当する場合がほとんどです。さらに実際に記載されている連絡先に電話を掛け、実際の対応を見てみるのもいいでしょう。

スタッフが横柄な態度を見せたり、質問に対して投げやりな回答しかしなかったりするような場合は利用しない方が無難です。

まずは上記の条件を満たしている店舗を絞り込んだ上で、料金や利用条件などを比較し選ぶようにすれば、悪徳業者に引っかかることはないでしょう。

スタッフの丁寧さやHPの充実度などによって優良な現金化会社を見分けよう

現金化優良店舗には、複数の特徴があります。その中で主なものとして、
〇ホームページの会社概要ページが充実している
〇現実的な換金率を提示している(80%から90%くらい)
〇スタッフの対応が丁寧で、質問に対しては誠実に回答してくれる。
などが挙げられます。

明らかに悪徳業者である可能性がある店舗を排除し、上記の点を満たしている店舗を絞り込んだら、さらに
〇換金率が他の優良店舗に比べて高いかどうか
〇振り込み完了までのスピードやかかる日数が希望に沿っているか
〇サービス利用時の手数料に納得が行くか
などの条件を比較して店舗を絞り込んでいくといいでしょう。ここまで絞り込めばかなりの確率で自分の希望に沿った形でサービスを利用できます。

現金化したらカード会社への支払いを忘れずに行おう

クレジットカード現金化を利用した後は、クレジット会社への支払いの義務が生じます。通常カードを使用した時と同じように、一括払いや分割払い、リボ払いなどから希望に応じて選択し、支払ってください。現金化会社への支払いの義務や、利用額に対する利子などは一切発生しません。

現金化サービスの利用を検討している方は、転売目的でのカード使用を禁止しているカード会社から不審に思われないよう、本当に必要な額での利用を心掛けるようにしましょう。

また、店舗を決める際は優良店舗の条件を全て満たしている会社を厳選することをおすすめします。これらの注意点に気を付ければ、気持ちよくサービスを利用することができます。

関連記事