現金化サービスの利用を検討している方は、サービス利用後にカード会社への支払いの義務が生じるという点を考慮した上で申し込むようにしましょう。のちに負債を抱え込んでしまわないよう、きちんと返済できる額だけ現金化することが大切です。

また、カード会社は換金目的でのクレジットの使用を禁止しているということを覚えておきましょう。クレジット機能が使えなくなるといったリスクを抑えるためにも、計画的にサービスを使うことをおすすめします。

現金化禁止しているカード会社からの注意を受けないために利用金額や頻度に気を付けよう

クレジットカード会社では、規約により、転売や換金目的でのクレジット機能の使用が禁止されています。現金化業者では通常、商品買い取りやキャッシュバックといった方式により現金を還元する方法が行われています。

その際に購入した商品の金額があまりに大きかったり、頻繁に大きな額を使っていたりして、不審であるとカード会社側に判断された場合、強制的にクレジットが停止になることもあります。しかし、現実的な額にとどめておけば、疑われることはありません。

使い方や利用額に気を付けることが、カード会社にばれないようにするコツです。

サービス利用後はカード会社へ計画的に支払いをしよう

現金化サービスを利用した後は、カード会社への支払いの義務が生じるため、計画的に使わなければ自分の債務を増やしてしまうことになるということを覚えておきましょう。のちに生じる支払いを考慮し、どうしても必要な現実的な金額だけを申し込むことが大切です。

本当に必要な金額での利用は、カード会社からの警告をストップすることにも繋がります。支払い方法は、通常クレジット機能を使用した時と同じです。一括払いや分割払い、リボ払いなどの方法で計画的に返済しましょう。

使用するカード会社によって換金率が変動する

現金化利用時における換金率は、どこのカード会社を利用するかによって変動します。その理由は、決済端末の特殊性から、カード会社によっては実務上の負担がかかるからです。それらは決済手数料として、換金率から差し引かれます。

複数の会社のクレジットカードがある場合は、一番換金率が高くなるものを使うのが賢い方法だと言えます。現金化業者では、JCBやAMEXは手数料が高くなることを覚えておきましょう。VISAやmasterカードがある場合は、それらを利用する方が無難です。

また、同じVisaカードでも、イオンやセゾン、銀行が発行しているものなど、発行元はさまざまです。店舗によっては、発行元によってクレジットカード現金化換金率を引き下げる場合もあります。まずは各現金化業者に問い合わせてみるといいでしょう。

可能であれば、複数の会社のクレジットカードを用意しておき、その中から一番換金率が高くなる会社をリサーチし、使用することをおすすめします。

現金化サービスは、手持ちのクレジットのショッピング枠をお金に換えられる便利なものです。しかし、カード会社は換金目的でのクレジットショッピング残高の使用を禁止していますので、サービス申し込みの際は金額に気を付けるなどの配慮が必要です。

もしカード会社にばれた時は、クレジット機能停止処分が行われる場合もあるので注意しましょう。しかし、計画的に正しく使えば問題はありません。

また、現金化サービスを高い換金率で利用したいという方は、手数料が高くなるJCBやAMEX以外のカードを使用するといいでしょう。カードの種類や発行元によって換金率が変化しますので、手持ちのカードを集めた上で、業者に料金の問い合わせをしてみることをおすすめします。

関連記事