ネット現金化サービスを利用した後の支払いは、全てカード会社に対して行います。現金化業者への支払いの義務は一切ありません。一括払いや分割払い、ボーナス払いなどの方法から希望に合わせて選択し、計画的に返済することが可能です。

また、サービス申し込み時や商品購入後の支払い時にもカードが必要になりますので、事前に用意しておきましょう。現在既に負債を抱えていて、その返済に困っているという方は、クレジットカード現金化を行わず、債務整理を行うことをおすすめします。債務整理を行えば、今ある借金を減らすことができます。

カード会社への支払いでは、一括や分割、ボーナス払いなどから好きな方法を選べる

クレジットカード現金化を行ってショッピング枠をお金に換えた後は、使用したカード会社へ支払いを行う必要があります。支払い方法として一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどがあり、その中から自身の返済計画に合わせて好きな方法を選ぶことができます。

一方、金融機関などでキャッシングを行った場合は、返済方法が限られているため融通が利かない上、余分な金利などがかさんでしまいます。現金化では余計な利子が上乗せされることはないので、無理なく支払いを完了できるでしょう。

また、キャッシングにおいては、支払いが滞ると金融機関のブラックリストに登録されてしまうというリスクがあります。リストに載ると、住宅ローンが契約できなくなるといったデメリットが生じます。しかしクレジットカード現金化会社は金融業者ではありませんので、ブラックリストに載ることはありません。

サービス完了後は、業者への支払いは一切必要ない

現金化後の利用額の支払いは全て、カード会社に対して行うことになるため、現金化業者への返済の義務は一切ありません。通常業者では、支払う必要がある手数料を全て差し引いた上での料金を提示してくれます。それ以上の金額を要求されることはありません。

キャッシュバック付き商品購入の際は必ずショッピング枠残高のあるカードで支払いをしよう

ネット現金化サービスでは一般的に「キャッシュバック方式」という方法が採用されています。この方式は、利用者が会社の提示する商品の中から好きなものを選び購入し、その商品に付随するキャッシュバック特典を現金で受け取るというものです。

商品を購入する際は、必ずカードで決済します。申し込み時にはショッピング残高があるカードを手元に用意しておいてください。残高がないカードは使うことができません。また、カードではなく電子マネーを使ったり、カードと現金を組み合わせて使ったりすることもできませんので注意しましょう。

既に借金を抱え返済困難な方は、現金化ではなく債務整理を行うことで負担を減らそう

クレジットカード現金化はとても便利なサービスですが、予め返済の目処が立った上で利用しなければ、のちに支払い困難になる可能性もあります。しっかりと計画を立てた上で申し込むようにしましょう。また、既に借金などの負債を抱えているという方は、サービスを利用しないようにしましょう。負債をさらに抱えてしまうことになります。

もしも現在借金を抱え込んでいて、このままでは状況が改善しないとわかっている場合は、債務整理の検討をおすすめします。債務整理を行えば、今抱えている借金を少なくすることができます。過去にクレジット現金化を利用したことがある方は、「任意整理」や「個人再生」を選ぶことができます。

どちらも弁護士や司法書士に代行してもらうことができるので、知識がない方でも心配は要りません。まずは窓口で相談をしてみましょう。

(まとめ)
現金化サービスを利用した後は、使用したカード会社へ返済を行うことになります。その他の支払いの義務は一切生じません。一括払いやリボ払い、分割払いなどから好きな方法を選べるので計画的に返済ができます。

また、サービス申し込み時や商品購入の際の支払い時にもカードを利用しますので、事前に残高があるカードを手元に用意しておきましょう。手続きは簡単スムーズに行うことができます。

関連記事