クレジットカード現金化サービスを、よりお得に利用したいという方は高い換金率を得られる会社を探すことをおすすめします。各店舗ではさまざまなプランが用意されていますので、自分の条件に合ったプランがある会社を見付けたら気軽に問い合わせてみましょう。

現金化換金率の相場は80%から95%ですが、プランやキャンペーンを上手に使えば割高な換金率を得ることができます。

換金率が大きいほど手元に還るお金が大きくなる

現金化会社利用時における「換金(還元)率」とは、カード決済した金額のうち、いくらが利用者の元へ現金で還元されるかの割合のことを言います。例えば10万円を現金化した場合、90%の換金率では90000円、85%では85000円が手元に入ります。

換金率は高いほどお得になるので、大きな額を利用する方にはおすすめです。また、現金化は金融機関での借り入れとは違い、利用額に対して利子などがかかりません。自分の返済計画に合わせてマイペースで支払いができるというメリットがあります。

申し込み金額から手数料が差し引かれた額が還元される仕組み

現金化会社で100%の還元が行われていない理由は、会社にとっての利益を確保するためです。各手数料が会社の主な利益となっており、それらを差し引いた上で還元率が設定されています。ホームページ上などで提示されている数字は、予め手数料が差し引かれた上で導き出されている場合がほとんどです。

しかしクレジットカード現金化店舗によっては、明示した還元率からさらに商品配送料や振込手数料など、別途手数料を差し引くところもあります。

手数料の内容としては、カード決済手数料、配送料、消費税などが挙げられます。これらは会社や使うカードの種類などによって変動する場合がありますので、利用の際は必ず店舗まで料金を問い合わせるようにしましょう。

換金率の相場を知っていれば妥当な額の金額を還元できる

現金化会社での換金率には相場があります。20万円以下での利用の場合は80%前後、100万円以下では90%前後、100万円以上では95%前後が相場になります。金額に関わらず、80%から90%代の換金率であれば妥当な額だと言えるでしょう。

この相場を大きく下回っている店舗や、逆に上回りすぎている店舗は悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

また換金率には、手数料などの必要経費が全て含まれている場合もありますが、一部しか含まれない場合もあるということを覚えておきましょう。一部である場合は、明示された還元率よりもさらに低くなるので注意が必要です。

プランやキャンペーンを最大限活用すれば通常より高い換金率を得られる

一般的な現金化会社での換金率は80%から95%と、ある程度の開きがあります。その理由として、業者の違いだけでなく適応されるプランによっても違いがあるということが挙げられます。

高い換金率を得られる場合には特徴があります。一般的に換金率が高くなるのは、
〇カードの利用額を上げた時
〇個人カードではなく法人カードを使った時
〇即日プランではなく通常プランを選んだ場合
〇レディースプランや初回特典などキャンペーンを利用した場合
などです。

店舗のホームページをくまなくチェックし、自分に適用されるキャンペーンを最大限利用することが、お得にサービスを使うコツです。予め大手現金化会社の幾つかをピックアップした上で各サイトを確認し、自分にとって一番条件のいいプランやキャンペーンを絞りこんでおくのがおすすめです。

上記以外では、振込までの日数に余裕を持たせるだけでお得になるプランがある店舗や、毎月決まった日に利用すれば還元率が5%もアップするというユニークなキャンペーンを提示している店舗もあります。ぜひいろいろな店舗の条件を比較してみてください。

現金化サービス会社をお得に利用するコツは、「換金率」について理解し、より割高にするための最適なプランやキャンペーンを探してみることです。換金率の相場は80%から95%と言われていますが、振込までの期間や性別、使用するカードの種類などによってよりお得になる可能性があります。

換金率には手数料が全て含まれているのかどうか、見積もりと合わせて事前に店舗に問い合わせてみましょう。手数料を後から差し引かれるかどうかによって、プランやキャンペーンを利用した場合の価格が変動するからです。さまざまな会社での料金を比較してみることをおすすめします。

関連記事