ショッピング枠を活用した現金化が流行る背景には、借入先がない・・・キャッシング枠を使い切った、闇金だけは避けたい人たちの存在があります。

またクレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、“買い物”としての履歴は残るものの、それが現金化(借入れ)である記録は残りません。そのため、家族に知られたくない人にも重宝されています。

現金化には二つの方法があります。

1.キャッシュバックとして現金を得る方法

業者が指定する商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を得る方法です。

一連の流れは、購入~決済~キャッシュバックと、通常の買い物と同様です。そのため違法性はなく、また購入した商品がきちんと手元に残ります。

2.商品の売却代金として現金を得る方法

業者が指定する商品を購入するまでは同じですが、その後の流れが異なります。

購入~その場で売却~代金として現金を得ますが、カード決済が確定する前に売却を行うため、“支払いを完了していない商品は売却してはならない”という利用規約に触れます。立派な違法行為のため、カード会社に知れれば、当然ペナルティが課せられます。

関連記事