クレジットカードを提供する各社は、様々な保障(保険)を用意しています。新規にカード契約を行う場合は、利用場面を想定してもっとも適した保障を選択しましょう。

◎買い物が主な目的の場合

ショッピング枠の利用が中心の場合におすすめです。クレジットカードで購入した商品が盗難に遭った(※1)・破損(※2)したといった場合に保障を受けられます。

しかし全てのケースにおいて適用されるわけではなく、細かな条件が定められています。契約の際には、国内・国外の両方に適用されるのか、それともいずれか一方だけなのか、この項目をしっかりチェックして下さい。

※1治安が安定しない国外で買い物をする場合に重宝します。また国内であっても、高額商品を購入する際に役立ちます。

※2購入時に破損していた場合にも、保障を受けられるケースがあります。やはりこの点も、事前に確認しておきましょう。

◎旅行保険が目的の場合

クレジットカード付属の契約であることが大半で、別途に契約するケースは殆どありません。しかし例外は存在するので、旅行を計画中の方は規約を再確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードによる旅行保険は、海外へ行く場合のみ必要という考えの人が多いですが、やはり国内旅行も保険があると安心です。怪我や病はもちろん、予想もしない災害に巻き込まれることも有り得えます。詳細は会社・契約内容によりますが、1,000万円~3,000万円クラスが主流です。

いずれも海外での利用が主の場合は、世界中に加盟店がある=対応が早い・慣れているクレジットカード会社がおすすめです。

不安がある場合は、事前にカスタマーセンターへ問合せ、トラブルが発生した場合はどういった手順を取ればいいのか、また解決にはどれくらいの期間を要するのか、確認をしておきましょう。これらの情報を事前に得ていれば、必要以上に慌てることなく対処できます。やはり、何事も予習が大切というわけです。

関連記事