クレジットカードの現金化には二つの方式があります。ひとつは、商品を購入することで得られる“キャッシュバック”を利用したもの。もうひとつは、商品を“転売する”ことでダイレクトに現金を得る方法です。

後者の方式は、商品を購入~(未決済)~転売の流れで現金化を行います。そのためクレジットカード会社が定める規約“決済が完了していない商品の売却を禁ずる”という項目を犯します。業者は何食わぬ顔で行っていますが、違法行為であるため選択肢から除外しましょう。

現金化は、違法性がないキャッシュバックを利用した方式で行いましょう。

この場合は、業者に申込み~指定された商品をカード決済~キャッシュバックとして現金を得る流れになります。行為自体は“普通の買い物”であるため、規約に触れません。

キャッシュバックは指定の口座に振り込んでもらうほか、現金書留や、店舗へ出向き現金で受け取る選択肢もあります。

ちなみに掛かる期間はクレカ現金化即日~1週間と幅がありますが、期間の長さで還元率が変動する業者もあるので、事前にチェックしておきましょう。

関連記事