クレジットカードがあれば、財布に何枚、何十枚と現金を押し込む必要がありません。また盗難時には電話一本で機能を停止できる、高いセキュリティ性を備えています。

支払いにおいて真価を発揮するのは、インターネット通販を利用した時です。

インターネット通販は、代引き、銀行振込み、コンビニ決済など多数の方法から選択することが出来ますが、これらはいずれも手数料が生じます。

例えば月に4回、年間48回ともすべて代引きで支払いを行った場合。一回の手数料315円×48=15,120円の手数料が掛かります(なお代引きは商品代金によって手数料が増加するため、この限りではありません。315円は最低額です)。

しかし、このすべてをカード決済した場合はどうでしょう。手数料が生じないだけでなく、支払に応じてポイント(概ね1,000円=1ポイント)が加算されます。貯めたポイントは、景品と交換が可能です。

また分割による支払を選ぶことが出来るため、手元に全額を用意しておかなくても購入できるという利点もあります。

さらに昨今は、クレジットカードを活用して現金を得る方法も確立されています。キャッシング枠は利用したくない、しかし現金を工面する必要がある・・・そのような場合はクレジット現金化比較もご検討下さい。

関連記事