クレジットカードを得ることは、それを発行している会社と契約を結ぶことを意味します。申込みを行った時点で規約に同意したと見なされ、違反した場合は相応の罰則を受けなければなりません。
クレジットカードは金銭を取扱う商品であるため、カード会社は契約に伴い様々なチェックを行います。住所や氏名といった基本的な情報はもちろん、支払い能力(一定の収入)の有無にもチェックが入ります。また過去に金銭トラブルを起していないかも確認します。

■与信とは何?
融資を受ける人物が金融機関からどれだけ現金を貸してもらえるかということで総量規制と密接な関係があります。個人で借入できる限度額です。その人物の借入のデータベースセンターに情報が集約しており、そのデータを元に金融機関が判断することになります。

■消費者金融のビジネスモデル
企業や個人にお金を貸します。そして返済をしてもらうときに利息を上乗せしていただき利益を得ているのです。たとえ消費者金融といっても個人相手に数千万円の大金を融資することはありません。

その人の返済能力以上の融資をしても返済不能になったら大きな損失になります。それを避けるために与信枠が設定されているのです。それぞれの消費者金融によって若干枠は違ってきます。

■クレジットカードにもショッピング枠やキャッシング枠がある
このことは消費者金融が個人に与信枠を付けるのと似ています。ショッピング枠は買い物をする場合の1カ月の上限を決めているのです。同様にキャッシング枠もお金を融資する限度額を決めています。

■クレジットカードが停止されることもある
クレジットカードを発行する場合は支払い能力の有無を審査します。無職であったり主婦であった学生の場合は、配偶者や両親など定期的な収入がある人を決めて審査します。カードを発行したあとも返済できないような自体になるとブラックリストにのってクレジットカード利用は停止されます。

関連記事